2018年5月27日

組体操で怪我をしないために

いつもありがとうございます ^^
pop kids高橋です。

 

運動会シーズン。
学校から子供達の元気な声が毎日聞こえてきますね音譜

この時期やっぱり気になるのが、
組み体操のニュース

 

 

 

 

正直、今の子どもに、
運動会用の練習だけで組み体操が出来るようになるのは、

…かなり厳しい、と思っています😣

 

例えば、
逆立ちは「手で立つ」という事。

 

 

 

 

でも、転ぶ時に手を着けずに、
顔から転んでしまう子も多い現代ですショボーン

 

ブリッジは「手と足で地面(床)を押す」という事。

でも、こんな風に仰向けでお尻を上げられなかったり…
(これは腹筋の前に、足で床を押せる事が必要)

 

 

 

 

※ちなみにこの形で、背中でモゾモゾ歩くのが結構面白いので、
ぜひお試しください音譜

 

ニュースで問題のピラミッドは、
自分の手足を使い、お互いの力を感じて支え合う、という作業。

でも、普段そんな遊びをする子は少ないですね…

 

 

 

 

この写真は、
下で土台になっている子の方が、体が小さい。
でもこの時、2人とも「楽しかったぁドキドキなのです。

というわけで今の子ども達に、いきなり組み体操は、
残酷過ぎるのではと思うのです😵

 

…で、怪我予防ためにも
お友達同士や親子で、たまにこんな遊びをやってみて下さいハート

相手を感じバランス感覚を養いながら、体感を鍛えます。

きっと役立ちますよ〜✨✨